2015年06月20日

シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その2

前に書いたcsv処理の記事をsetコマンド使用で作成
各種条件は前記事を参照してくださいな
だいぶシェルスクリプトも組めるようになってきたなあ
でもまだまだだ

前記事はこちら
シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)

今回は関数とIFSを変更するバージョンです

シェルスクリプト(csv2.sh)の内容
#!/bin/bash

#IFSを保存しておく
IFS_BAK=$IFS
IFS=","

NUM=0

#1行ずつ読み込む
while read STR
do
set -- $STR
hoge[$NUM]=$1
huga[$NUM]=$2

#配列に入っているか表示してみる
echo "${hoge[$NUM]} : ${huga[$NUM]}"
let NUM++
set --
done < no.csv
#IFSをもどす
IFS=$IFS_BAK



同じカテゴリー(ShellScript)の記事画像
シェルスクリプト(計算)
シェルスクリプト(変数内容の表示)
同じカテゴリー(ShellScript)の記事
 パスワードハッシュ生成スクリプト(Solaris10) (2013-09-29 14:31)
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その1 (2012-08-12 12:00)
 シェルスクリプトの計算速度 (2011-09-04 18:32)
 シェルスクリプト(計算) (2010-04-17 20:47)
 シェルスクリプト(変数の定義2) (2010-04-06 20:53)
 シェルスクリプト(変数内容の表示) (2010-04-04 21:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その2
    コメント(0)