2010年04月06日

シェルスクリプト(変数の定義2)

変数の定義方法だが
この間やったものとは別方法を今回紹介する

1.readコマンドを利用した変数の定義
readコマンドは入力待ち状態にして
変数の中にデータを入れるのに使用する
たとえば次のようなシェルスクリプトがあるとする

#!/usr/bin/sh
echo "名前を入力して下さい=>¥c";read name
echo "あなたの名前は${name}さんですね"


これを実行すると
改行抑制の為のエスケープシーケンスもはいっているので
下の状態で入力待ちとなる

名前を入力して下さい=>

名前がhogehogeさんとして入力しEnterを押すと
次のような結果になる

名前を入力して下さい=>hogehoge
あなたの名前はhogehogeさんですね


となり
対話的な方法で変数nameにデータを格納することができ
とても便利だ

2.コマンドの実行結果を変数に格納する

下のようなシェルスクリプトがあるとする

#!/usr/bin/sh
testdata=`ls`
echo $testdata


以前紹介しechoコマンドの中で使用したが
変数に対してバッククォーテーションでコマンドをくくれば
コマンドの実行結果を変数の中に格納することができる

実行すればlsコマンドの結果が変数testdataに格納されているので
表示されることになる

これらの方法を組み合わせるだけでも
それなりのシェルスクリプトを作成することができる
ぜひ覚えよう



同じカテゴリー(ShellScript)の記事画像
シェルスクリプト(計算)
シェルスクリプト(変数内容の表示)
同じカテゴリー(ShellScript)の記事
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その2 (2015-06-20 20:30)
 パスワードハッシュ生成スクリプト(Solaris10) (2013-09-29 14:31)
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その1 (2012-08-12 12:00)
 シェルスクリプトの計算速度 (2011-09-04 18:32)
 シェルスクリプト(計算) (2010-04-17 20:47)
 シェルスクリプト(変数内容の表示) (2010-04-04 21:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シェルスクリプト(変数の定義2)
    コメント(0)