2013年09月27日

新カテゴリー追加「ラーメン」

最近だいぶラーメン食べるようになったので
新カテゴリーで「ラーメン」追加!!

写真と感想を投稿するよ~
とりあえず
ちょっとだけ撮り溜めしといたものを載せちゃいますよ  


Posted by タカさん at 20:46Comments(0)タカさんの★雑記

2013年09月27日

雷のセカンドインパクト

場所:仙台市泉区

このラーメンはきつかった・・・
肉増したのんだけど肉だけで600g・・・
全ましで行ったもんだから・・・
かなりしんどかったなぁ

内容は二郎系のみそという位置づけだが
甘めの八丁味噌仕立てのスープなので
けっこう好みの分かれるところだ
しかし肉の味は悪くないし
リピーターもかなり多いみたい

肉1.5増し → 肉増し → K点越え

と・・・まぁK点越えはたぶんありえないがw
とにかく思う存分肉を食べれるラーメンですw
あとは取扱説明書なるものが店にあるので
それを見て自分で選びましょう

BEFORE


AFTER


取扱説明書

  


Posted by タカさん at 21:07Comments(0)ラーメン

2013年09月28日

横浜:豚星のつけ麺

場所:横浜市白楽

小金井二郎等で修行したという店主がつくる
豚星の豚入りラーメン大つけ麺です
味はしょうゆの味が強いですが悪くないです。
無料トッピングはカラメ・ニンニクで
ヤサイ増しはしませんでした

それでもやはり二郎系ラーメン量がハンパないですな
ラーメン二郎に行ったことがある人には
おなじみの量です
そして東北人にも味が濃いといわせる濃さ・・・
食べた感じだとカラメもいらないかもしれません
そして残さず食べたい人は大を注文しないほうがよいでしょうw

BEFORE


AFTER
  


Posted by タカさん at 20:47Comments(0)ラーメン

2013年09月29日

パスワードハッシュ生成スクリプト(Solaris10)

暇だったのでちょっと遊びで作ってみました
Solaris10でのみ動作確認しましたが
きっちり動いてます
debianでもためしてみましたが
htpasswdコマンドが存在していて
指定してあげればLinuxでも動きます
ただしSolaris10とちがって
生成されるハッシュ値をLinuxにあわせないと
使い物にはなりませんが・・・

うまく動いたらハッシュの書き変わったshadowファイルもできあがるので
diffしてshadow.datと内容くらべてみてください
いちおうVM環境では書き換えたshadowファイルで
きっちり認証できましたw

準備するもの
本物のshadowファイルを書き換えるわけにはいかないので
shadowファイルをコピーしてshadow.datを作り
ShellScriptと同じディレクトリに置く
ファイルのオーナーもShellScriptを動かすユーザーに代えましょう
あとはShellScriptを打ち込んで動かしてみるだけ

ちょっと中の処理をいじれば
Solaris10のパスワード変更をShellScriptで
自動化してやれそうですが
こわいので出来ませんw

ShellScript名 : pwHash.sh

#!/bin/bash
#
#password hash make script
#2013.09.29

clear
WORKDIR=`pwd`
CMD=/usr/apache2/htpasswd

file_read(){
#shadow ファイルの読み込み
no=1
while read LINE
do
WORD[$no]=${LINE}
User_decision
let no++
done < $WORKDIR/shadow.dat
if [ "${user_flg}" = "0" ]; then
echo "ユーザが存在しませんでした"
exit
fi
}

field_cut(){
#fieldの切り分けとチェック
for((no2=3; no2<=9; no2++)){
FIELD[$no2]=`echo ${WORD[$no]} | cut -d : -f${no2}`
if [ "${FIELD[$no2]}" = ":" ]; then
FIELD[$no2] = ""
fi
}
}

User_decision(){
TMP_user=`echo $LINE | cut -d : -f1`
if [ "${USER}" = "${TMP_user}" ]; then
flag=1; user_flg=1
else
flag=0
fi
}

pw_replace(){
#passwordの置き換え
LINE=""; no=1
while read LINE
do
User_decision
if [ "${flag}" -eq 1 ]; then
#各fieldの切り出し
FIELD_TMP=${WORD[$no]}
NO_TMP=$no
PW=`$CMD -ndb $STR $STR | cut -d : -f2`
field_cut
WORD[$no]="$USER:$PW:${FIELD[3]}:${FIELD[4]}:${FIELD[5]}:${FIELD[6]}:${FIELD[7]}:${FIELD[8]}:${FIELD[9]}"
fi
let no++
done < $WORKDIR/shadow.dat
}

line_dsp(){
: > $WORKDIR/shadow
for((x=1; x echo ${WORD[$x]} >> $WORKDIR/shadow
}
echo "生成されたshadowファイルを表示します"
echo "push enter key"; echo
more $WORKDIR/shadow
}

echo -n "対象ユーザ名を入力してください?"
read USER; user_flg=0
file_read

echo -n "ハッシュ生成文字列を入力してください?"
read STR
pw_replace

echo "生成されたハッシュ: $PW"
echo "パスワードを置き換えます"
echo
echo "push enter key"; read stop
echo
echo "BEFORE : $FIELD_TMP"
echo "AFTER : ${WORD[$NO_TMP]}"
line_dsp

  


Posted by タカさん at 14:31Comments(0)ShellScript