2011年04月22日

HDDフォーマットの変換(GPT → MBR)

知り合いのPCにセットアップするOS:windows7
対処用に使用したPC:windows7のはいったノートPC
対処の対象:SSD

--------------------------

PC音痴の知り合いが
HDDのフォーマットを適当に選んで失敗してしまい
インストールすらできない状態になったので
時間をみつけて対処してあげた
その時の対処をメモしておく



といっても・・・
たいしたことはしてないんだけどね
タイトルはGPTからMBRへ変換したようなものになってるが
結論からいうと
実際にはGPTフォーマットされているものを消去しただけだ
この状態からだと再度GPTにもMBRにも選択することができる

ということでとりあえず最初PCを見にいった時は
OSのインストールできないんだよってのだけいわれたんで
まずはセットアップを走らせてみた

そこで目に付いたのは
OSのインストール対象のHDDがSSDでGPTフォーマットであったこと
これが原因かはわからないけど
とりあえずSSDをPCからはずしたのち
直接USBでPCにつなげれるコードを使用して接続する
次にコマンドプロンプトを管理者権限で起動する
そこで打ち込むコマンドはdiskpart

C:\Windows\system32>diskpart

そこから作業をすすめていく

DISKPART> list disk

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナミック GPT
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 465 GB 1024 KB
ディスク 1 オンライン 46 GB 1024 KB

DISKPART> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> clean


これだけでHDDやSSDはPCに接続した時に
購入してきてフォーマットされていないものを接続したのと
同じ状態になる

ひとまずこの状態でPCの中に組み込みなおして
OSのインストール作業をしてみると
正常にインストールされた

(´・ω・`){diskpart すげぇ)

このツールはもっといろいろな機能があって
パーティションを作ったり消したりとかもできるけど
そこは自己責任で勉強してください
  


Posted by タカさん at 22:14Comments(2)Windows7