2010年04月01日

シェルスクリプト(変数の定義)

シェルスクリプトで変数を定義するのは
そんなに難しい方法ではない
書式は以下の通り

変数名=値

例:count=30


ただし注意があり 「=」の前後に空白は入れない
値の中に空白やメタキャラを含める場合は引 用符「“」で囲む

例:name=“nanashino gonbe”

これだけだ
内容を表示したい場合は「echo」コマンドなどで表示する

echo $name

のように定義した変数を参照する場合は
変数名の前に「$」をつける
変数を解除する場合は

unset name

のように記述する
ほかにも変数の中に値をいれる方法はあるが
それは進めながら紹介していくことにする



同じカテゴリー(ShellScript)の記事画像
シェルスクリプト(計算)
シェルスクリプト(変数内容の表示)
同じカテゴリー(ShellScript)の記事
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その2 (2015-06-20 20:30)
 パスワードハッシュ生成スクリプト(Solaris10) (2013-09-29 14:31)
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その1 (2012-08-12 12:00)
 シェルスクリプトの計算速度 (2011-09-04 18:32)
 シェルスクリプト(計算) (2010-04-17 20:47)
 シェルスクリプト(変数の定義2) (2010-04-06 20:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シェルスクリプト(変数の定義)
    コメント(0)