2010年03月30日

シェルスクリプト(変数の種類)

シェルスクリプト内で使用する変数には
シェル変数と環境変数の2種類がある
定義や参照方法は同じだが性質には違いがある。

シェル変数
変数を定義したシェル内のみ有効で
子プロセスには引き継がれない(引き継ぐ設定も可能)

環境変数
あらかじめシェルの環境を整えたり
コマンドを実行する為に必要な情報が定義されている
値を変更して定義しなおすことも可能である
環境変数は子プロセスに引き継がれる変数である。

変数名
一般にシェル変数名には小文字を使用し
環境変数名には大文字を使用する慣例があり
これによりどちらの変数であるか知ることができる

まあ・・・
これらは普段コマンドを利用したり
Linux自体の環境を設定する時にも
関係してくることなので
知ってると知らないとでは大違いだ
PATHを通すときですらこれらのことが関係してくる

(`・ω・´){覚えておこうね)



同じカテゴリー(ShellScript)の記事画像
シェルスクリプト(計算)
シェルスクリプト(変数内容の表示)
同じカテゴリー(ShellScript)の記事
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その2 (2015-06-20 20:30)
 パスワードハッシュ生成スクリプト(Solaris10) (2013-09-29 14:31)
 シェルスクリプトでcsvを扱う(bash)その1 (2012-08-12 12:00)
 シェルスクリプトの計算速度 (2011-09-04 18:32)
 シェルスクリプト(計算) (2010-04-17 20:47)
 シェルスクリプト(変数の定義2) (2010-04-06 20:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シェルスクリプト(変数の種類)
    コメント(0)